花嫁研修プログラム

フィリピン女性と婚約されて結婚し、ビザ取得、来日されるまでの間、数か月は要します。
その間、簡単な日本語、マナーやルールを奥さまにお教えし日本での生活の準備をします。
さらに正しく節度ある金銭感覚を身につけていただくトレーニングをおこないます。

1) 奥さまには、時間を組んで、フィリピン事務局に来訪していただきます。
2) トレーナとして、おもにフィリピン事務局の Zina があたります。
3) 奥さまへの送金は、フィリピン事務局が受け、奥さまに手渡します。
4) 研修手数料は、上記送金の一部から徴収させていただきます。
5) 当該契約は、マニラ現地にてフィリピン事務局代表とおこないます。
6) このサービスはオプションです。お申し込みは、任意です。


花嫁研修プログラム契約書(見本)


〇〇〇〇(以下「甲」という)とフィリピン事務局(以下「乙」という)は、甲の配偶者
(以下「丙」という)の花嫁研修を乙に委託する。
ここでいう花嫁研修とは、婚姻生活事前準備教育のことである。

第1条 目的
乙は、丙に対し、日本国における甲との婚姻生活の準備として以下の教育をおこなう。

第2条 花嫁研修プログラムの内容
1) 日本語 :あいさつ、日常会話など(NHK-WORLD、YouTube等も使用)
2) 基本的なマナー :日本国内のルール、習慣やマナーなど。
3) 物価 :ペソと円の為替レート、日本での物価を知らせる。
4) 渡日準備 :必要書類の取り寄せ、パスポート取得・CFOセミナー事前指導。
5) 仕送り使途チェック :甲からの仕送りの使途チェック、甲への報告。
6) 体調の確認 :病気(メンタル含む)にかかっていないか、外観からチェック。
7) コンサルティング :渡日にあたり、不安、準備など相談にのり指導する。

第3条 契約期間
本契約の有効期間は、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日から丙の来日までとする。

第4条 秘密保持
乙は本契約に関して知り得た甲、丙の情報を、他者に漏洩してはならない。
甲は本契約に関して知り得た乙の情報を、他者に漏洩してはならない。

第5条 報酬について
1) 甲は、丙への当該花嫁研修の費用として、乙に報酬を支払う。
2) 支払いの方法は、甲の丙への仕送りの際、乙の指定する方法にて乙に送金する。
3) 乙は、仕送り額の10%を報酬として受取り、残り90%を丙に手渡す。
4) 仕送りには、オンライン送金事業者「WorldRemit」の利用を推奨する。

第6条 報告義務
乙は丙に関する最新の情報および研修の進捗をすみやかに甲に報告する義務を有す。

第7条 契約の解除
甲は、乙に対して、いつでも当該花嫁研修プログラムを解除できる。
解除は、文書または、電子的伝言手段によって、乙に通知する。

第8条 研修場所および交通費等
1) 研修場所は、フィリピン事務局・乙事務所にておこなう。
2) パソコン等設備は、無料にて使用に供する。
3) 丙の乙事務所までの交通費は、甲または丙の負担とする
4) 丙の居住地が遠方である場合の宿泊とその費用負担については別途打合わせる。

以上、本契約の成立を証するため本書2通作成し、各自署名のうえ各1通を保有する。
〇〇〇〇年〇〇月〇〇日   


住所    :
氏名(署名):


住所    :
氏名(署名): フィリピン事務局代表         





PAGE TOP